スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:それでもボクはやってない

「それでもボクはやってない」見ました。

逆転裁判にはまって以来、裁判傍聴関係のサイト巡ったり阿蘇山さんの傍聴記読んだりして裁判傍聴関連がマイブームだった時期があったのです。
この映画はすごく見たかった!

ストーリーは、痴漢の冤罪を訴える青年の判決がくだるまでを描いています。

監督の周防さんのインタビュー記事で、この映画を海外で見せたら、満員電車の場面で笑いが起きるのだそうです。
そんな間違われるような電車に乗ること自体がおかしいのだと。
普段の日本人の常識、裁判の現実、すごく分かりやすかったし、考えさせられる映画でした!

冤罪になったら怖いよほんと…。
検察は有罪だと思わないと起訴しないのだから、裁判が起こった時点で99%有罪なのだそうだ。
だから、一つでも無罪を勝ち取った弁護士は英雄なのですよ。

じゃあ、なるほど弁護士は神かw
それでもボクはやってない スタンダード・エディション それでもボクはやってない スタンダード・エディション
加瀬亮;瀬戸朝香;山本耕史;もたいまさこ;役所広司 (2007/08/10)
東宝

この商品の詳細を見る

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

痴漢対策

大阪にいたときは列車通勤だったので、痴漢対策で両手でつり革を持った「万歳」をしていました。

そうそう、トラバに大量のスパム投稿があります。全部削除しちゃいましょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うちの父さんも万歳して間違われないように気を使ってたそうです。
男の人も大変ですね。

スパムは実害がなさそうなので放置しておりまっす。
プロフィール


Author:ともしび


イラストとかやってる人。

本家イラストサイトです↓


ファミ女子部ぶろぐ!始めました↓
リンク

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。