スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Illustrator「一色変換」

イラストレーターで複雑なオブジェクトを簡単に一色に変換する技です。

061031_01.png > 061031_04.png
たとえば、タンポポのベクターデータを右のような単色で表現したいと思ったとします。
いちいち色を変えていくのはとても大変です。
モノクロ一色にしたいならば、メニューから「フィルタ」>「カラー」>「グレースケールに変換」が使えますが、スポットカラーを適用したい場合等には向きません。

その場合に便利な小技を紹介します。

まず、オブジェクトをブラシパレットにドロップします。

散布ブラシとして登録。
下図のようなダイアログが出てきますので、

061031_02.png
彩色の方法を「色合いを付ける」に設定します。
これでブラシ登録完了。

061031_03.png

あとは、ペンツールで点を描き、今、制作したブラシを適用します。
すると、”線”色に設定してある色の濃淡でオブジェクトが現れます。

061031_04.png 061031_05.png

このように色を変えることが出来ます。
スポットカラーも適用できます。

ただし、ブラシに出来るものには制限があります。
”パターンやグラデーション、ブレンド、別のブラシストローク、グラデーションメッシュ、ビットマップ画像、グラフ、配置されたファイル、マスクを使用したオブジェクト”はブラシにすることが出来ません。
そういう場合はどうするのか・・。



逆の発想。
グラデーションもパターンも「分割拡張」を適用してやって、
単純なパス状態にしてやればいいのです。
061031_06.png
一部にグラデーションメッシュを使ったオブジェクト。
このままではブラシに登録できません。
なので、全選択をし、メニュー「オブジェクト」>「分割・拡張」を適用します。
061031_08.png
これでブラシに登録可能になりました。
楽ちん楽ちん♪



さらに複雑なオブジェクトで、
「分割・拡張」でもブラシ登録できない…とか
そもそもビットマップ画像を一色に変換したいって技は
また今度書くとします。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール


Author:ともしび


イラストとかやってる人。

本家イラストサイトです↓


ファミ女子部ぶろぐ!始めました↓
リンク

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。