スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニークリスマスキャロル

大人に見てほしい映画「ディズニークリスマスキャロル」。

見てきました。

主人公は可愛い女の子でも愛らしい妖精でもありません。じいさんです。

人の命より金が大事な偏屈じいさんです。

そのじいさんが、クリスマスイブに3人の聖霊により、過去のクリスマス、現在のクリスマス、未来のクリスマスを見るのですが、そこでみる自分に対する世間の冷たさや不幸な身近なものたちを知ることになります。

そんな物を次々に見せられたあげく、未来のクリスマスは自分が死んだ後だれも悲しむものがいない、むしろ喜んでいる事を、これでもかと突きつけられて、まさに泣くまでゆるさない状態でストーリーは展開していきます。

そんな感じで、めっためたに、うちのめされたじいさんは、心を改めるのです。

善行は自分の為でもあるという事を考えさせられる映画でした。

日常は仕事やらいろいろ忙しくて考える暇はないだろうけど、一年に一度ぐらい、クリスマスぐらいは身近な人の幸せの為に何ができるか考えてもいいかもしれませんね。

3Dシアターは時間の関係で見に行けなかったのが残念でした。

迫力のあるアクション要素の強い場面が多かったので、さらに迫力満点でしょうねー。

ただ、高所恐怖症の人にはオススメしませんよ。高度何千メートル上空から落ちる場面もありましたから。

映像のリアルさは目の見張るものがあったので、それを見るだけでも楽しめると思いますー。

たまには映画も良いものですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール


Author:ともしび


イラストとかやってる人。

本家イラストサイトです↓


ファミ女子部ぶろぐ!始めました↓
リンク

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。