スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Inkscapeを2日使ってみた感想

100207.jpg
Inkscape画面

http://www.inkscape.org/download/?lang=ja


Inkscapeはベクター画像を扱えるドローソフトの
無料ソフトです。

使うきっかけは、メインPCのディスプレイがいつ
ぶっ壊れてもおかしくない状況なので、
その中で仕事がしたくなかったので
安定している旧石器ノートPC(win2000・超スペック低い)
で作業しようと思ったのです。

しかし、illustratorが入っていないので
CD探すのもめんどくさくって
前から気になっていたドローソフトの
Inkscapeをインストールしてみました。

半分ぐらいまで作業して、効率を考えて
やっぱりillustrator(ver9)をインストールしてさくっと仕上げましたが
その間使ったInkscapeを感想なんかを書いておきます。

あくまで2日しか使ってないので、すべての機能を把握しておりませんが
絵描きにはそれなりに参考になるのではないでしょうか。

良い点
*aiファイルが読み込める!
 これは無くても、互換性のある形式(epsとかPDFとか)に
 すればすむのですが、ひと手間だもんなあ。
 あると結構助かる。
 レイヤー、グループは反映されませんが。
 出力はできない。

*左右反転のショートカットが意外と便利。ワンクリック。



悪い点
*アイコンやツールボックスがでかい。
 かなり邪魔なんですけど画面が圧迫されるのがどうにかなりませんかねー。

*イラレ9よりも重い
 とくにレイヤー選択とかする際にワンテンポ遅い感じがします。

*ペン描画時に最後に選択していた色設定ではなく、
 最後に使用した色設定になるというのが不便。
 まあ、書いた後に変えればすむ話なんですけどねー。

*オブジェクトを同じ位置にコピーするさい、一番オブジェクトの前にくる。
 イラレでいう、ctrl+Fやctrl+Bに当たるものが無いんですよね。
 複雑な絵を書いている場合、これは非常に不便。
 配置がこんがらがっちゃう。

?な点
*ペンツールで描画中にノードを尖らせる機能がない?
 よく分かりませんでした。
 描画後にいつもノードを折ったりしてたので手間。




総評としては、illustratorに熟練しちゃってる自分としては、
やっぱりイラレの方が早いのですが、
Inkscapeでも慣れちゃえば十分使えるソフトだと思います。
チラシ制作だろうとリアルイラストだろうと作れます。

何より無料って素晴らしい。

イラレの馬鹿高い料金を考えると、ありがたくて涙が出ます。
グラフィックソフトは、高機能無料ソフトがたくさんありますが、
ドローソフトで、仕事で扱える水準に達しているのは
Inkscapeぐらいじゃないでしょうか。
Sodipodiはレイヤーが使えないみたいだし?(使った事は無い)

ベジェ曲線に慣れてない人はまずInkscapeやっとけって感じですねー。





や、私はExpression3信者ですが・。・
こちらはもう無料配布終了してるしなあ。
残念な事に。
スポンサーサイト

Recolored

Recolored
Windows 98/2000/XP
$29 (21日間ならフルバージョンで使用可能)

http://www.recolored.com/
窓の社レビュー

「白黒写真を手軽に彩色できるソフト」
モノクロ写真をカラーにしたいとき、
色線で囲んでいくだけで結構きれいに色が入ります。
080203.jpg
私はモノクロ写真を扱うことはないので、イラストで使えるか検証。
ざっくり色をおくにはとても面白いですね。
特筆すべきところは、主線を感知して色の塗りわけをしてくれる機能。

特に髪の毛の部分を見るとよく分かりますが、ざっくり色で囲んでいるだけなのに、かなり綺麗に塗り分けてくれます。

色は囲むだけでOKだけど、背景の色も白なら白で囲んでおかないと全体的に色が入ってしまうようです。

080203_2.jpg

作業画面。
塗り作業をしているときはかなり不気味な状態になっているw

保存は.rcl(オリジナル形式).bmp.jpg.png
開ける形式も同じ。

英語が読めないのでよく分からなかったのですが、
カラー部分だけ実画像と別にして取り出したかったのだが出来ないようです。
Photoshopなどでレイヤー分けしたカラー部分のみ編集できれば
より細かい微調整が出来て実用できると思ったのですけどね。

茶色に囲んだ部分のモノクロ(実画像)の黒い色が茶色に傾いている所を見ると、
単純にモノクロ画像に色を乗算しているだけではないようです。
モノクロでガリガリ描いて、色塗るのがめんどくせーって時によさげ。

mdiapp

mdiapp フリーソフト(Windows)

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1815318
現在、ミクシーコミュニティで公開中。

フリーの漫画環境、この前唯一のとか言いながら他にもありました。
ネットは広大ですね~。
もう殆ど網羅してると思っても甘いです。
これだからソフト探しは面白いー。

morisan2.png
※クリックすると原寸大が出ます。
↑いつもお世話になっている看護師さん。

使用感はコミックワークスに近い。
補正を強くしても手ぶれをかなり拾ってしまうので、綺麗に描くには慣れが必要。
上の絵も縮小するとそこそこみれるけど、結構がたがたです;
もっと補正を強くしてくれれば、髪ベタで光を入れるときなどが楽なんですけどねぇ。
Atelierよりも線の書き味は良いです。
かなり使えるレベル。

動作も軽快で、もたつき感は少ない。

スクリプトにも対応してる。情報収集中。

さて保存保存…と思ったら、BMPとPNGしかない(・o・
どう考えてもレイヤーはサポートされてない形式だ…。
ソフト内ではレイヤーが使えるけど、そのまま保存できないようです?

何故だ…。

ArtRage2

ArtRage2 2,980円(Windows 2000/XP・Mac OS X 10.3以上)

http://content.e-frontier.co.jp/artrage/index.html

070425.jpg



フリーウエア版もあり、ブラシは一部のみ、レイヤー機能やサイズの変更等、機能が省かれている。

使ってみたのは、フリーウエア版。
油彩絵の凸凹感がリアルです。
直感的に塗りたくる絵を描く際にはよさげー。

機能的には描く機能意外最小限ぽい。
フルバージョンでも、色調補正の類は無い。
独特のインターフェースだが、機能が少ないのですぐ覚えられます。

ヘルプ>ArtRage2についてを表示したときに
猫がいた気がしたのだけど、その後何回表示してもいない。
気のせいだろうかー。(つw=)ごしごし。

窓の社レビュー
http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/piccam/paint/artrage.html

PowerX PD Particles

PowerX PD Particles  2,520円(Win2000 / WinXP / WinVista)

http://www.powerx.jp/products/pd_particles/index.html

070423.jpg

これは面白い!!
パーティクルブラシと言って、
うねうねグニャグニャと面白い表現が出来るし、
簡単に草や木が描けるのには感動。

ぐりぐりと筆を動かしているだけでも面白いですよ。
この絵も、20分程度でブラシを試す遊びがてら作ったものです。

デフォルトでも多様なブラシが用意されているし、10以上の設定項目により、自分好みのブラシを作ることも出来ます。


新たに制作ツールとして加えようか真剣に考えています。

ただ、難点が一つ。
レイヤーが無いのです。
描くにしても、物体ごとに分けれないから、後ろから描いて行き、一発勝負の世界になってしまうのです。
せっかくデジタルで制作する利点が薄くなってしまう。

このパーティクルブラシは非常に面白いし、価格も安いのでいいソフトなのですがねー。
レイヤーがあれば使い勝手300%アップなのに!
惜しい。;o;

Atelier(スタンダード)

Atelier(スタンダード) フリーソフト(Windows Me,2000,XP)

http://hp.vector.co.jp/authors/VA029904/

デジタルコミック製作環境で、2007年4月現在の唯一の(たぶん)フリーでの環境です。(Expression3もコミック製作環境としてあげれるけど、あれはもう一般でフリーで落とせないから除外です。たぶん探せばあるんでしょうけどね)

解像度は高くなく、ウエブ公開が目的になっています。
そのうち、プロフェッショナルバージョンとして、印刷に耐えれる高解像度の環境も開発予定らしい。

ここの方は、他にも「落とし水」という美しい水彩表現のソフトも作っていて、このソフトにはお世話になってます。

コマごとに分ける入れ子式のレイヤー方式や、レイヤーごとに分けるトーン機能等、コミックワークスにあればいいのになあと思ったけど、ペンの描いた時の感覚がどうもしっくりこなくて、なじめませんでした。

ペン入れ周りを強化して欲しいものです。
やっぱコミックワークスが今のところ描き味がいいのですよねー。
これがあれば何もいらないぐらい。
コミックスタジオの3Dで背景作れる機能がめっちゃ欲しいけど、ペン入れが良くないとダメなんで、コミックスタジオに移れないっす。

でも制作環境の選択肢が増えるのは嬉しいものですね。
仕事に直結するし。

ペン入れ周りの強化、よろしくお願いします。

熱があるねv
何か恥ずかしいものかいてしまった!
人恋しいんですか鬼灯さん!

うさぎさん

ペイントツールはいじくって遊んでるだけでも楽しいですね。
久しぶりにペイントツール探索でもしてみましょうかねって事で、
まずはじめに見つけたのがこれ。

うさぎさん
http://www.icnet.ne.jp/~usapi/index.html
変わった名前のペイントツール。

レイヤーやマスクなど一通りのツールは完備。
特徴的な機能に、線画の閉じた内部をひとつの領域として認識し、
ブラシの中心点がその内側にあれば、
塗りの色をはみ出させないという珍しい挙動をする。

20070417202157.png
こんな感じで、帽子内だけぬれる。

閉じた線であれば、白色でも同じような動作をする。
その機能を最大限使うため、線の穴を補正する機能もある。

実際描いてみると、癖があって使いにくい。
ブラシの中心点を閉じた線の中におかなければ、領域として機能しないので、大雑把に塗るには適しているが細かく塗る場合は逆にこの挙動は邪魔でしょうがなくなる。
さらには上の画像のように2値の単純な線でないと、綺麗にマスクがかからない為、印刷用の綺麗な絵を描くには不向き。

だが、他には無い面白い挙動であることには変わりは無いので、
絵を描く人は一度使って遊んでみるといいと思う。

20070417203307.jpg
適当に塗ってみました。
プロフィール


Author:ともしび


イラストとかやってる人。

本家イラストサイトです↓


ファミ女子部ぶろぐ!始めました↓
リンク

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。